第62巻2号 2018年3月

バックナンバー一覧に戻る  <<前号 次号>>

原子核研究 第53巻1号(2008年9月発行) 目次

海外通信 BNLから 坂口 貴男 1
人・研究室紹介    
  北海道大学・原子核理論研究室 加藤 幾芳 ・ 木村 真明 3
原子核物理用語・キーワード解説    
  電子散乱 須田 利美 11
  ガモフ・テラー遷移強度とクエンチング 若狭 智嗣 12
新博士紹介   14
若手奨励賞    
  重陽子ー陽子散乱から探る核子間三体力の物理 関口 仁子 27
 

核子対あたり200GeVの金・金衝突における電子方位角異方性の測定とheavy quarkの集団運動

坂井 真吾 36
最近の研究から    
  J-PARC 50GeVメインリングにおける遅い取り出しシステムの紹介 清道 明男 ・ 武藤 亮太郎・
澤田 真也
47
  Belle実験であいつぐエキゾチックハドロンの発見 宮林 謙吉 ・ 飯嶋 徹 57
新しい潮流    
  J-PARCで展開されるハドロン物理 大西 明 65
討論会    
  鼎談「原子核物理の将来像」 -前編- 鈴木 厚人・初田 哲男・
上坂 友洋・齊藤 直人(司会)
76
原子核の温故知新    
  サイクロトンを米軍が接収海中投棄した経緯と
阪大には2台と記録された根拠
福井 崇時 91
-原子核談話会通信177-   105
 

■委員会報告 ■研究機関報告 ■学会世話人報告
■原子核談話会総会議事録  ■その他の報告

 


折込同時配布 サブアトミックチャート(制作:サイエンスチャット

 


2007-2008 Copyright Reserved (C) 「原子核研究」編集委員会


2007-2017 Copyright Reserved (C) 「原子核研究」編集委員会