第62巻1号 2017年9月

本誌について

 

「原子核研究」誌は核物理懇談会の機関誌です。 1953年12月に原子核談話会の機関誌として創刊されて以来50余年にわたり刊行を続け、 日本の原子核研究者が研究成果や情報を交換する場としての貴重な役割を果たしてきました。 時を経て世界における日本の位置づけが変化し、情報化の波とあいまって、 原子核研究誌に求められる役割も変わってきました。これを受けて 2006年に内容の大幅な見直しをし、原子核物理懇談会の機関誌として再出発しました。 新生原子核研究誌は原子核物理学研究者のコミュニティー雑誌としての従来の役割に加え、 他分野へ原子核物理の魅力を伝える役割を担い、今後も今後も日本の原子核コミュニティーと ともに発展して行ければと願っております。

※編集事務局の連絡先:

2007-2017 Copyright Reserved (C) 「原子核研究」編集委員会