第62巻2号 2018年3月

バックナンバー一覧に戻る  <<前号 次号>>

原子核研究 第52巻2号(2008年3月発行) 目次

海外通信 海外通信 大井 万紀人 1
人・研究室紹介    
  理研・仁科加速器研究センター・原子核理論研究室 中務 孝 3
原子核物理用語・キーワード解説    
  複素座標スケーリング法 加藤 幾芳 11
  格子QCD 中村 純 13
若手奨励賞    
  原子核の3軸非対称変形とカイラル2重項 小池 武志 14
  HERMES実験が拓く陽子のスピン構造 宮地 義之 24
  カイラル動力学に基づいたエキゾチックハドロンの研究 兵藤 哲雄 35
  理論核物理領域若手奨励賞の報告 核理論委員会 46
最近の研究から    
  大強度陽子加速器J-PARC 3GeV シンクロトロン ビーム加速成功 金正 倫計 48
  原子核構造の第一原理計算の現状と今後の展望 藤井 新一郎 54
  原子核の密度汎関数理論 寺崎 順 64
新しい潮流    
  11Liの中性子ハロー構造を生み出すテンソル相関と対相関の役割 明 孝之・池田 清美 72
原子核の温故知新    
  原子核の源流 山口 嘉夫 84
-原子核談話会通信176-   97
 

■委員会報告 ■研究機関報告 ■学会世話人報告
■原子核談話会総会議事録  ■事務局からのお知らせ

 
2007-2017 Copyright Reserved (C) 「原子核研究」編集委員会