表紙イラストは顕微鏡を使って極微世界をのぞくと、核図表が見える様子を表しています。
青色が原子核で、緑がシングルハイパー核、赤色がダブルハイパー核です。
また、顕微鏡の窓には、アリストテレスの言葉「The whole is more than the sum of its parts.」をあしらっています。
表紙イラストの制作者は、常見俊直です。

バックナンバー一覧に戻る  <<前号 次号>>

◤ 原子核研究 第63巻2号 (2019年3月発行)

海外通信    
  Theory Center at Jefferson Lab 渡邉 和宏 1
海外通信    
  イタリアの古都Padova から 大石 知広 4
人物•研究室紹介
  新潟大学原子核理論研究室 8
若手奨励賞    
  揺らぎ効果を確率的に取り入れた時間依存平均場理論による自発核分裂過程の記述 谷村 雄介 18
  流体の応答によるクォーク・グルーオン・プラズマ中のジェットの広がり 橘   保貴 27
  6Li( π −, K+)X 反応でさぐる中性子過剰環境下におけるYN 相互作用 本多 良太郎 37
  理化学研究おけるπ 中間子原子の精密分光実験 西   隆博 50
  中性子過剰な不安定核20O における低エネルギー双極子状態のアイソスピン構造の研究 中塚 徳継 62
原子核物理用語・キーワード解説    
  カイラル輸送現象 (Chiral Transport Phenomena) 山本 直希 72
最近の研究から    
  パイ中間子凝縮とランダウ・ミグダル変数 若狭 智嗣 74
  π 中間子原子とカイラル対称性 板橋 板健太 79
  符号問題に関する最近の進展−複素変数の方法− 藤井 宏次 90
草分け    
  ある高エネルギー物理屋から見た深層学習 瀧  雅人 103
   
  「ランダウ・リフシッツ理論物理学教程」 保坂  淳 114
学生ポスター発表案内  
日本物理学会第73回年次大会における学部学生ポスターセッションのご案内 116
—原子核談話会通信 198—   117
  ▩委員会報告   ▩各研究機関からの報告   ▩学会領域運営委員報告
▩事務局報告
   
2007-2017 Copyright Reserved (C) 「原子核研究」編集委員会