バックナンバー一覧に戻る 

原子核研究バックナンバー 第66巻suppl.1 2021年8月発行

特集号「日本のスピン物理学の展望」

 序文 後藤 雄二・上坂 友洋 1
 陽子半径 2
    須田 利美・本多 佑記・瀧 大祐・郷家 大雅・Clement LEGRIS・石崎 一志
    三浦 禎雄・武藤 俊哉・玉江 忠明・前田 幸重・Zhao HANG・塚田 暁
   
 RHIC and COMPASS results Ralf Seidl 12
 K- pp→Λp崩壊におけるスピン・スピン相関の測定 山我 拓巳 22
 格子場の理論に基づく核子構造研究 辻 竜太朗 27
 加速器用スピン偏極電子源として発展した半導体
   フォトカソードの産業利用展開
西谷 智博 31
 超偏極技術が拓く核磁気共鳴の新展開 立石 健一郎 44
 偏極標的応用 ~中性子散乱による物質の構造解析〜 三浦 大輔 54
 Electron-Ion Colliderの物理 後藤 雄二 58
 3次元パートン分布とスピン物理 八田 佳孝 68
 高次ツイスト効果に基づくシングルスピン非対称の
   理解の現状
吉田 信介 74
 低エネルギースピン物理 市川 雄一 73
 基本的対称性の実験 北口 雅暁 90
 原子系におけるCP対称性の破れとその増幅 山中長閑 97
 ペロブスカイト結晶を利用した新しい固体偏極標的 飯沼 昌隆 102
 偏極標的を用いた三核子力の研究 渡辺 跡武 112
 LEPSの物理と標的 郡 英輝 118
 CERN COMPASSの偏極標的 糠塚 元気 126
2007-2017 Copyright Reserved (C) 「原子核研究」編集委員会