第63巻2号 2019年3月

バックナンバー一覧に戻る 

 

原子核研究 Vol.54 Supplement 3 2010年4月

流体特集号
相対論的流体力学と高エネルギー重イオン反応:来し方行く末

 

まえがき 初田哲男・藤井宏次 1
多重発生から原子核衝突へ:流体模型の歴史 松井哲男 3
中間子多重発生の昔話 磯 親 13
早稲田グループの流体モデル研究 室谷 心 22
相対論的流体力学方程式の微視的導出に関する最近の試み 国広悌二 37
高エネルギー重イオン衝突における流体力学的振る舞いの発見 浜垣秀樹 58
流体モデルの現状と今後 平野哲文 83
線形応答理論で学ぶAdS/CFT双対性 夏梅 誠 110

2007-2017 Copyright Reserved (C) 「原子核研究」編集委員会